ブログ

屋根のコケってどうしたらいんですか?!

屋根のコケってどうなの?!

屋根のコケってどうしたらいんですか?!

そんな質問を受けることがあります。

 

でもコケによって雨漏りしたというケースは聞いたことがありません

またコケによって屋根材が割れたとか そういう事例も聞いたことがないです

 

苔というのは 屋根材がどうというよりも 環境による要因です

付着した後に 流れやすいツルツルとした屋根材はあるものの

つかないということはありえません

ちなみに屋根カバー工法などでよく使われるガルバリウムの「横暖ルーフ」などは流れやすい屋根材の一つです

 

 

なぜならば環境が 要因だからです

例えば 家の裏側に畑があるとか 湿気の多い場合に生えやすいようです

対策としては屋根カバー工法の 屋根材を 苔の色に近くグリーンなどにすると目立たなくなるので良いでしょう

屋根カバー工法の相談は「屋根外壁カバー専門店」まで

屋根塗装はやっても性能的には意味無いですよ

スレート屋根の 縁切り無しの塗装が後を絶ちません

 

スレート屋根(コロニアル)の縁切りは 屋根塗装と セットで行うべきもので 必要不可欠な工事です

 

縁切りしていないスレート屋根塗装

 

 

ただ 塗装屋さんの中には屋根に詳しくない人もいるようで

 

屋根が とそうしてあり、綺麗になっていれば 大丈夫 と思っている人も多いと思います

 

ただここには大きな落とし穴があり スレート屋根(コロニアル)の縁切り行わないと

雨漏りに発展する恐れがあります

 

スレートメーカー最大手「kmew」のメンテンスマニュアルより

 

 

今回は 4,5年前に屋根塗装をしたのですがスレート屋根(コロニアル)の縁切りをしていなかったようで 天窓の周囲から雨漏りが発生しました

 

雨水の侵入によりサビた釘

 

 

天窓の周囲などは 屋根面で雨漏りが発生していると 真っ先に雨が入りやすい場所です

 

なぜならば 屋根に開口部分が存在するからです

 

赤線が縁切りしていないことで侵入した雨水が通った跡

黄色い丸が釘穴

じわじわ雨水が侵入していることがわかる

 

 

スレート塗装に費用かけるくらいなら

性能もアップするカバー工法の方が長期で考えるとずっとお得です。

 

スレート屋根のメンテンスって?!

コロニアル(スレート)の 棟板金交換について

 

コロニアル(スレート)屋根で もっとも最初に劣化するのは

 

 

棟板金です。

 

ほとんどの場合 下地の 木(貫)が 雨水による 収縮で いたんでしまい

 

 

釘が効かなくなってしまう

 

または 棟板金自体が 錆びてしまい 交換せざるを得なくなってしまう

 

一度すべての棟板金を撤去します。

 

 

棟板金の交換も 足場がなければできない工事ですので

 

 

 

お勧めは 塗装などで足場がかかったタイミングで行うのがもっとも理想的です

 

今回も 外壁塗装を 一緒に棟板金も交換しました

差し棟 の補修方法について

差し棟 の補修方法について

 

スレートの棟には 大きく分けて2種類の方法があります

 

その1つに差し棟があり、 仕上がりが シンプルなので

 

現在では とても 主流の工法になってます

 

ただこの差し棟が 外れてしまったり曲がってしまったりという 事例も少なくありません

 

その外れてしまった差し棟を 補修する方法を今回はお伝えしたいと思います

 

まずは 差し棟とその周囲のスレート(コロニアル)を外します

 

 

新しいスレート(コロニアル)を差し入れて

 

 

ルーフキーパーと呼ばれる専用のボンドで固定をします

 

 

その上で 新しい差し棟板金を取付けていきます。

 

 

スレート(コロニアル)の多くは 廃盤になったりして古いと手に入りません

 

写真のように多少色が変わって しまうことも少なくないです。

 

屋根カバーしてもいい時期とは?

コロニアル(スレート)の寿命は 20年~30年程度 と言われていますが

 

 

コロニアル(スレート)屋根の 棟板金はそれよりも早く劣化します

 

なぜならば 板金の下に「貫」と呼ばれる 木が使われており

 

 

その木が 雨水や 熱による収縮で 傷んでしまうためです

 

例えば 築15年の宅で コロニアル(スレート)屋根塗装を考えているのであれば

 

 

棟板金も同時に交換することがいいでしょう

 

そもそも 我々は屋根塗装不要と考えているので

 

 

外壁塗装と 棟板金のみでもいいかもしれません

 

強風の際に 最も心配なのは棟板金です

 

これが飛ばされると 周囲の車にぶつかったり

 

最悪は 人にぶつかったりしてしまいますので 充分な注意が必要です。

 

ですので20年程度でカバー工などを検討するのもいいと思いますよ

 

 

コロニアル(スレート)の割れの補修ってどうやるの?

コロニアル(スレート)の割れの補修について

 

経年変化や 人が乗ったことにより

 

コロニアル(スレート)が割れるという事例は数多くあります

 

 

しかしその多くが 屋根専門でない業者が治しており

 

 

 

写真のようにシーリングを ちょっと塗るぐらいで終わりにしたりしています

 

 

正式には 写真のように一度古いものを抜いて新しいものを差すという

作業しなければならないのですが

 

 

実はここにはリスクも伴います

 

なぜならば コロニアル(スレート)を止付けている

釘を抜かなけばならないからです。

 

 

 

一度釘を抜くということは

下の防水シートに穴が開いたままになってしまう可能性が高く

あまりオススメできる作業ではありません

 

 

成田屋平塚では お客様の希望がなければ ケイミューの リコロニーという商品

 

カバーする方法をお勧めしています

 

 

りコロニーはコロニアル(スレート)を作っている

ケイミューが出しているリフォーム用カバー屋根材です

 

 

コロニアル(スレート)と同じメーカーなので寸法ぴったりに作られています

 

これでカバーをすれば 多少色は変わりますが コロニアル(スレート)水の浸入も防ぐことができ

 

さらに釘を抜く必要がないので 防水シートの穴も安全です

アサヒファイバーグラス リッジウェイカバー工法の現場が 完了しました。

アサヒファイバーグラス リッジウェイカバー工法の現場が 完了しました。

 

「カバー工法専門店」で最も コストを抑えて カバー工法ができるのはアサヒファイバーグラス リッジウェイ

 

です。

 

カバー工法のメリットは 全面を 新しいルーフィングで カバーすることにより

防水性が担保できるという点です

 

 

塗装と比べると 大きく違うのは

 

・塗装は見た目のメンテナンスであるということ

・性能的にはほとんど変わらない ですが

 

カバー工法ですと 新しい ルーフィングを張ることにより防水性が格段に上がります

 

また 屋根塗装に関しては 修理しなければいけない点がたくさんあります

もしよければこの動画をご覧ください

 

 

 

屋根塗装と比較されることの多いカバー工法ですが

 

性能的には全く別ものと考えていいでしょう

 

 

アサヒファイバーグラス リッジウェイ カバー工法、綺麗に仕上がりました。

旭ファイバーグラス リッジウェイの カバー工法が始まりまし

カバー工法とは もともとある スレート屋根材の上に

 

裏面粘着の 防水シート(ルーフィング) を全面に貼り付けます

 

 

屋根からの 雨漏りの多くは 防止シートの劣化です

 

ですので 20年を越えた屋根は葺き替えをするか

カバー工法で全面防水シート(ルーフィング)で覆ってしまうことをお勧めしています

 

今回は 全面を 田島ルーフィングのタディスセルフカヴァーで 防水し

 

 

仕上げ材は 旭ファイバーグラス リッジウェイです

 

旭ファイバーグラス リッジウェイは 板金屋根材などと比べ

コストを抑えてできること

 

柄がランダムなので 仕上がりもとても美しい屋根材です

 

 

洋風の住宅なのにとてもよく合うと思います

 

今回は 旭ファイバーグラス リッジウェイの デュアルブラウン色で仕上げます

屋根カバー工法前の調査に関して

屋根カバー工法の 現地調査に行ってきました

 

 

 

屋根カバー工法は 既存の屋根材の上に 新しく防水シートを全面に貼り

 

さらにその上から 新しい屋根材を 工事して行きます

 

屋根カバー工法と葺き替えと大きく違うのは 既存の屋根材を探さない という部分です

 

 

ですので 既存の屋根の野地板の状況 既存の屋根の屋根材の状況 などをきちんと調査する必要があります

 

またもし 雨漏り等が発生していた場合は さらに慎重になる必要があります

 

今回のお宅も 足場を架けてきちんと調査しなければならなかったので

 

 

足場設置後に調査をしました

 

特に このお宅に関しては屋根に問題がなかったのでこのまま屋根カバー工法を進めようと思います

アサヒファイバーグラス リッジウェイカバーの現場が完了しました。

リッジウェイ カバー工法の現場が完了しました

 

 

今回は デュアルブラック色で 成功しました

 

ルーフィングは 裏面粘着タイプの田島ルーフィング、タディスセルフカバーで全面を覆いました

 

 

ルーフィングは 雨仕舞で 最も大事なものです

 

価格を安く抑える 業者は このルーフィングを 安いものを使いますので充分ご注意ください

 

 

 

軒先スターターをつけ リッジウェイを施工して行きます

 

 

専用の棟換気も取り付けます

 

 

約1週間で すべての工事が完了しました。

1 2 3 4 5 6 9